霞ヶ関駅北口徒歩2分の整形外科,リウマチ科
リハビリテーション科|霞ヶ関整形外科

〒350-1101
埼玉県川越市的場2218-4 ベルアート201

Menu

文字の大きさ
医院案内

診療項目

整形外科,リウマチ科,リハビリテーション科

診療時間

診療時間
9:00~12:30 × ×
14:30~18:30 × × ×

(受付は診療時間終了の30分前までです)
<休診日>土曜午後・水・日・祝

設備紹介

デジタルX線画像診断システム(FCR)による鮮明かつ高画質X-P採用しております。
骨塩量測定装置(DXA法)による骨粗しょう症検査が随時可能です。
血圧脈波検査装置による動脈硬化の検査も随時可能です。

リハビリ室
リハビリテーションとは、直訳すると『社会へ復帰』という意味で、人間らしく生きる権利を回復することです。
運動器の病気や外傷または加齢に伴い低下した身体機能を再び回復させるという意味を持ちます。
当院では、スタッフは患者様のプロフィール、画像、検査データや投薬内容を把握します。その上で、機能回復・維持・増強・基本的な動作の回復を目的に、運動療法および物理療法を行います。
レーザー治療器やマイクロ治療器をはじめ多くの治療機器を設置し、急性期及び慢性期に対して、いろいろな部位の痛みや症状に対応できます。

リハビリ設備
1. 極超音波(マイクロ)治療器
マイクロ波による温熱治療は、深部筋組織を加温できる特徴があります。皮膚では、あまり熱く感じませんが、深部筋組織を充分に温めることが可能です。
2.低周波治療器(干渉電流型)
中周波(1000Hz~10000Hz)を交差させて、低周波を発生させているので、電気が深部まで到達して治療できます。鎮痛作用とマッサージ作用と温熱作用があります。
3.SSP療法
「刺さない針治療」の発想から開発された低周波刺激療法です。ツボ表面電気刺激療法です。
4.牽引療法
理学療法の分野において欠かすことのできない牽引療法。頚椎、腰椎牽引はもちろん、同時に患部を温める治療を行っています。
5.ハイドロパッカー(湿性温熱治療器)
熱保有度の高い物質を袋(ジーン布)に詰まっているので優れた保温力をもっています。
6.ホット(温熱治療器)
治療部の深部までじっくり温め、その温熱作用は治療後も持続します。
7.レーザー治療器
生体に熱作用を与えないレベルのレーザー光を照射し、血行を改善したり,痛みを和らげます。傷の治癒力を高めます。
8、水圧式マッサージベッド
水をたっぷり入れた大きなタブに、柔らかいゴムマットを張った治療器です。タブの中にあるノズルから水を噴射し、作り出される力をそのままに体感でき刺激感が得られます。特定の形を持たない水を使用しマッサージをします。
9、空圧マッサージ装置
上下肢用があります。カフに加圧、除圧を繰り返す事により,循環系の改善を行い,マッサージ作用も発揮します。
10。超音波治療器
超音波を照射し、深達性の温熱療法で深部組織の温度上昇、膜透過性の亢進作用をもちます。血管拡張作用、鎮痛作用、筋緊張緩和作用、治癒促進作用があります。